水素水サーバーを自宅に導入して気軽に摂取する環境を作りましょう

女性

水素水サーバーの給水方式による違い

ペットボトル

健康や料理を目的に水素水を購入する人が増えていますが、容器入りで売られている製品は製造から時間が経つほど水素が抜けやすくなるのが難点です。自分で水素水を作れる水素水サーバーを購入すれば、作りたてで高い水素濃度のまま料理や飲料水に利用できます。そんな水素水サーバーには給水方式の違いによって水道直結式とボトル交換式、ピッチャー方式という3つの種類があります。このうち水道直結式は最も大掛かりな給水方式で設置の際には水道工事が必要になるケースが多く、購入費用も高額になりやすい点がデメリットです。ボトル交換式は水道直結式よりも手軽に導入できるとは言え、定期的なボトル交換が必要なためランニングコストは高めとなります。
それに比べ、ピッチャー方式は水道水やミネラルウォーターなどを使って自分で給水する必要があるとは言え、ランニングコストが安く済む点は大きなメリットです。最近では手軽に持ち運べるコンパクトタイプの水素水サーバーも登場し、外出先でも新鮮な水素水が楽しめるようになりました。このようなタイプの水素水サーバーは簡単に設置できる上に、カートリッジやフィルターを交換せずに済む製品も少なくありません。水素水サーバーのメンテナンスが面倒だという人には、ボタン1つで自動洗浄してくれるような製品がおすすめです。

information

post list